上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

医療

高血圧の基礎知識

2013.08.19

上海 医療 血圧

規則正しい生活が中々できない、海外での生活。
運動不足や食生活によって、高血圧になる方も多いようです。
今回は上海デルタ西クリニック様からアドバイス頂きました。

 

■高血圧の基礎知識

血圧には上の値(収縮期)と下の値(拡張期)があります。上の値が139mmHg以上または99mmHg以上が数回測定されると高血圧と言われます。運動や興奮で血圧は上がりますが常時高いことが問題となるので、一度や二度高い値が出ても高血圧とは診断されません。高血圧には何か病気があるために血圧が高くなる「二次性高血圧」とはっきりとした原因が不明な「本態性高血圧」があります。

「二次性高血圧」は腎臓やホルモンの疾患から血圧が高くなるもので、原因となる疾患が治れば治ります。「本態性高血圧」は、はっきりとした原因が不明で、遺伝や塩分の取り過ぎ、肥満や動脈硬化などが関与していると言われるものです。

 

■高血圧の治療

原因がはっきりしている「二次性高血圧」は原因疾患を治療すればよいのですが、複数の要因が一緒になって生じているといわれている「本態性高血圧」は、初期段階では下記のように対応し、血圧が下がらなければ、薬の服用が薦められます。

・塩分制限
・カリウム摂取(果物や野菜)
・節酒(一日アルコール分として30g以下=日本酒一合前後)
・禁煙
・生活習慣の改善(適度な運動、規則正しい生活)
・理想体重維持

 
■薬を飲むと止められなくなる?

よく薬を飲んだら止められなくなる、と心配する人がいますが決して「中毒」になるのではなく生活改善だけでは血圧のコントロールが着かないために投薬治療が必要になるということです。体重調整や食餌内容を変える事で血圧が下がれば薬はいらないこととなりますが、遺伝性の血圧は生活改善だけでは対応しかねる事がほとんどです。

薬を飲んで血圧をコントロールすれば高血圧に伴う色々な病気(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化)などを発症する確率を下げる事ができるので、血圧測定をしながら服用を続ける事が薦められます。

 
■日本人医師による24時間の診察体制
古北にある緑豊かなクリニック「上海デルタ西クリニック」

過去の記事: