上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

生活

転勤中の持ち家管理

2013.06.07

上海 持家管理 留守宅管理

海外渡航前の持ち家管理は、戻る時のことを考えることが大切。
では、持ち家の有効活用方法は具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 

■空家になるとどうなるか?

現在、日本全国では750戸を超える空き家が存在、全国の空家率は12.2%となり、年々増加しています。転勤者の皆様の場合、「転勤している2年~3年の間だけ空家にするだけだから…」と思われる方が多いのですが、実際は数ヶ月空家にするだけでも家は傷んでしまいます。例えば、「建てつけの不具合、設備機器の不具合。水漏れ、カビの発生、敷地内へのゴミ放置、近隣トラブル」などが頻繁に発生するトラブル事例として報告されています。

人が住まない家は密閉状態になりますので、室内の空気は淀み、湿気が抜けずに木材が痛み、内装にカビが生えたりすることがあります。目に見えない部分であっても、湿気の滞留で排水トラップが故障を起こして水漏れの原因になるなど、家に住んでいる時はで行われているはずの通風や通水ができず、結果として様々な箇所に不具合を生じさせます。

 

■空家の管理方法とは?

①リロケーション
転勤期間中の持家を、期間を限定して賃貸運営を行う方法です。借主が物件のメンテナンスや保全管理を行い、賃貸収入が入ることによって金銭的な負担を軽減できるため、天金時の持ち家管理方法として定着しています。賃貸期間中もリロケーション会社がオーナーに代わって家主業務を行いますので、手続き面での煩わしさはほとんどありません。

②空家管理
専門業者にて、定期的に空家の巡回、メンテナンスを行う方法です。通水、換気、簡易清掃などを定期的に行い、最低限の保全管理を行います。定期的に人が出入りすることで、被害が拡大する前に持家トラブルの原因を早期に発見することができます。室内の荷物もそのまま残しておくことができるため。、我が家に戻ったその日から今まで通りの生活をすることが可能です。

 

■海外転勤が決まったけど…持ち家はどうしよう?
海外転勤者の持ち家管理のパイオニア「リロケーション・インターナショナル」

< 新しい記事:

過去の記事: