上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

生活

賢い航空券の取得方法とは

2013.04.20

上海 航空券

春節、ゴールデンウィーク、夏休み、そして国慶節。
ちょっとした方法で安く航空券が手に入ることもあります。

 

■「早めの手配」に勝る方法なし

中国の航空会社(MU、CA、FMなど)の格安チケットの場合、ご出発日○日前までに確定が必要で、発券後は変更キャンセル不可といった条件の航空券が現状一番安い料金設定となります。

具体的には21日前割、42日前割り、90日前割りなどとなり、早く御手配すればするほど料金はお安くなります。またこのような航空券は日本滞在期間の条件(4泊以上)などもあり、条件が合えば格安で御手配可能ですが、手配後の予定変更などの際には対応不可となってしまう航空券で注意が必要ですが、こういった航空券を考慮しても、前もってスケジュールを固め、早めに手配することがお安いチケット獲得のための最短ルートであることは間違いございません。

 

■大型連休の高額チケット、もう怖くない!

国慶節(10月)
毎年休みが10月1日~7日と固定となっており、休みの日程が毎年変わることはないため、皆様かなり早い段階から航空券などの御手配をされております。地域にもよりますが半年前でも御手配できる航空券はあり、早め早めの御手配がお安いチケット購入の鍵となります。

春節(1月または2月)
春節の連休は、毎年休みの日程が変動し、また政府の正式発表も毎年1月以降に出るため、皆様ご予定の確定に苦慮されていることと思われます。予定が決められず迷われているうちに、あれよあれよと料金が上がってしまい、日本帰国に10万円以上の航空券を購入といった話も珍しくありません。

日本へご帰国の場合などである程度お休みを調整できるお客様であればお早目の手配も可能ですが、お仕事の関係上それが難しいお客様もご家族だけでもお早めに御手配することが渡航費用を抑えるコツです。

また毎年休暇期間は直前まで正式な確定はしませんが、旧暦の春節(2014年は1月31日)の前日(1月30日大年夜=大晦日)から数えて7日間の連休というのが毎年の傾向です。ちなみに2013年は、2月10日が春節でその前日の2月9日から2月15日の7日間、2012年は1月23日が春節でその前日1月22日から28日までの7日間が政府指定の連休となっていました。もし変わったとしても、前後1日程度のずれと思われますので、休暇の微調整可能な場合は、やはりできるだけ早めに購入させることをお薦めします。

 

■お客様の条件から、複数の選択肢を即座にご案内
日本人による日本人のための旅行会社「旅悟空トラベル上海」

< 新しい記事:

過去の記事: