上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

生活

中国茶の購入

2013.04.16

上海 中国茶

中国では数え切れないほどお茶の種類があります。
今回はお茶の基礎情報をお届け致します。

 

■お茶の種類はどんなものがありますか?

大きく分けると黒茶、紅茶、青茶、緑茶、白茶、黄茶の六つです。種類ごとに世界各地で有名な茶種があります。

黒茶は発酵茶で、中国特有のお茶です。主な産地は湖南、湖北、四川、雲南、広西などです。中でも有名なのは湖南の黒茶、雲南のプーアル(普洱茶)茶です。食事中に飲むとダイエット効果があるとされ、日本でも有名です。

紅茶は発酵して作られたお茶です。お湯入れた後の色も赤く、香りが良いのが特徴です。紅茶で有名なのは安徽の祁紅、雲南の滇紅、湖北の宜紅です。

青茶は半発酵のお茶です。葉っぱの中心が緑色で周りが赤と言うのが特徴です。主な産地は福建、広東、台湾などです。青茶で有名なのは鉄観音、大紅袍、ウーロン茶なでです。青茶には紅茶のまろやかさと緑茶の爽やかさがあります。香りもが長く口の中に残りますし、熱中症を防止する効果もあります。

緑茶は発酵なしで作られるお茶です。葉も緑色で、お湯入れた後の色も緑色です。世界中で有名な緑茶は西湖龍井、洞庭碧螺春、信陽毛尖などです。

白茶と言うのは発酵なしのお茶です。お茶本来の香りがします。種類として大白、水仙白、山白などに分かれています。一番貴重な種類は銀針白豪と言い、主な産地は福建です。体の熱を取る作用があり、夏に飲まれることが多いお茶です。

黄茶は発酵茶の一種です。緑茶の作り方と似ています。代表的なのは蒙顶黄芽、霍山黄芽の二種です。

 

■どこで売っていますか?

産地での購入が一番いいことは言うまでもありません。輸送業が発達している今ではスーパーでも上記各種のお茶が買えます。また上海市内には「茶城」と呼ばれるお茶の問屋街があります。中国茶葉流通協会が認めた国家専業茶葉卸売市場が天山茶城です。日本語が通じるお店もありますので、お土産などにいかがでしょうか

 

< 新しい記事:

過去の記事: