上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

生活

上海に雪は降るのか?

2013.04.21

上海 雪

日本でも都心に雪が降ると大変です。
上海でも同じく…もしかするとそれ以上に大変かもしれません。

 

■雪は年間数回、積る量はそれほど多くない

上海では11月~3月にかけて雪が降ることがあります。回数は多くなく、年間数回程度で、一度に降る雪の量もそれほど多くありません。日本の都心部のように、雪に対しての対策を常に取っているわけではありませんので、交通事故(スリップや追突が多発)や巻き込まれ事故(カッパを着たバイクが我先に進もうとする)が頻繁に発生します。

また、雪の時はタクシーがほとんど捕まりませんので、地下鉄と徒歩で移動した方が良いでしょう。雪が降った翌日は、道路が凍結しますので、通勤時には注意が必要です。昨年も雪の翌日、浦東空港へ向かう高速道路でスリップ事故があり、日本人がけがをしたことが複数ありました。

 

■警報は「青→赤」で覚えればOK

雪に関連する警報は下記の通りです。

大雪警報
軽度:青→黄色→オレンジ色→赤:重度

道路凍結警報
軽度:黄色→オレンジ色→赤:重度

寒波警報
軽度:青→黄色→オレンジ色→赤:重度

オレンジ色~赤色になる時、企業でも社員に対しての早退や自宅待機の判断を行うことがあります。中国の社員の方は天気予報を良く見ているので、今どのような状況で、今後の天候は悪くなるのか良くなるのかを確認すると良いでしょう。

< 新しい記事:

過去の記事: