上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

生活

グランドピアノの持ち込み

2014.01.27

グランドピアノ 上海 ピアノ

■日本で使っているグランドピアノを上海に持って行きたい

グランドピアノを上海に持ち込む場合、以前は居留許可をお持ちでいらっしゃれば輸入が認められておりました。しかし、3~4年前に税関法制が変更になり、外国人による持ち込みは一様に不可となっております。

持ち込めると致しますと、専家証をお持ちのピアノ教師の方、また留学目的など、税関による判断で正当な理由があると認定された場合に許可されますので、一般的に就業証をお持ちの方では現状難しいと言わざるを得ません。そのなかでもお持ちになられたい場合、まずはその方のビザステータスも含め引越業者へお問い合わせになられることをお勧め致します。

 

■アップライトピアノは大丈夫?

アップライトピアノは居留許可有効期間が1年またはそれに準ずるもので長期滞在されることが証明できれば輸入可ですので、もしどうしてもピアノがご必要ということでしたら当地にてお買い求めになるかアップライトピアノでお使いやすいものをお持ちになるかのいずれかが良いかと存じます。

 

■大切なピアノなので壊れたりしないか心配…

梱包は専門知識と専用の資材を必要とするため日本では引越業者もピアノ輸送専門業者を別途手配することが一般的です。そのため一般的な引越し梱包輸送料金にさらに特殊作業料金が発生致します。その料金もお部屋の条件、形式により結構まちまちな費用感となります。

例えばそのピアノがマンションにあるのか、一軒家であれば一階にあるか、二階からクレーンで降ろすのか、自宅前までジャッキアップのトラックが前づけできるかできないか、ご自宅の廊下の幅、エレベーターの大きさなどの条件に左右されて参ります。海外引越の場合、引越費用そのものはご勤務先会社負担であっても、ピアノ輸送費用は自己負担とされている会社も多くありますので、事前に確認をされておいたほうが良いでしょう。

 

■ピアノと共に、大切な思い出もお届け。
「運ぶスペシャリスト」、クラウンライン上海

< 新しい記事:

過去の記事: