上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

住居

故障や破損の連絡は入居中に

2014.11.25

上海 住宅 トラブル
■「我慢して使う」が思わぬトラブルに発展

退去時の敷金返金がされないというトラブルが増えております。
家主が意図的に返金に応じないというケースもありますが
入居者が入居中に申告しなかったことで起きるトラブルもあります。

例えば、家のどこかの箇所が破損したとします。
しかし、使用については問題が無いので、放置していた。
退去時になり、「そういえば破損した」ことを申告。
家主はここぞとばかりに、法外な修繕費用を要求…。

このような形で、入居者が「我慢」して使った結果が
結果的に良くない結果を招くことも増えております。
最近では写真や動画もすぐ撮れるようになりましたので
小さい破損や故障でも、すぐに知らせたい方が良いでしょう。

 

過去の記事: