上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

住居

単身者用のマンション探し

2014.09.02

上海生活 家探し

■帯同家族の減少により、単身者用物件の競争が強まる

日中関係や生活環境(大気汚染や食材偽装)により、帯同家族は減少傾向。
一方で、単身赴任者の数は増加傾向にあります。
特に「生活に便利」で「駅から近い」物件の人気が上がってきています。
良い物件が押さえられるように、下記のポイントを押さえておきましょう。

 
■ポイントは「絞り方」と「意思決定の速さ」

まず、エリアを絞り、物件を絞り、その中から条件に合う物件を選びます。
物件が決まっていれば、仲介会社も動きやすくなります。
中々家が決まらない方の多くは、色々な物件を手当たり次第に見学します。

また、折角良い物件があっても、会社に承認手続きを取っている間に
別の見学者の意思決定が早く、物件が無くなってしまうケースがあります。
日本の会社はこの辺りの「手続き」に多少の時間がかかります。
そのため、予め物件を決めてから契約するまでの過程を確認しましょう。

< 新しい記事:

過去の記事: