上海生活naviサービス終了のお知らせ

平素は当ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、諸事情により2017年7月3日を持ちまして当ブログを閉鎖することになりました。
長い間ブログをご覧いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。
  1. ◆投稿記事の取り扱いに関して
    過去に御投稿いただいた記事に関してはお客様自身でデータのバックアップを取っていただけます様お願い致します。
  2. ◆お客様個人情報取り扱いに関して
    御登録いただいたお客様の個人情報取り扱いに関してはサービス終了と同時に登録データの破棄をさせていただきます。
引き続き弊社運営のポータルサイト「海外赴任navi」をご愛顧下さいます様、よろしくお願い致します。

株式会社リロケーション・インターナショナル

多文化

タクシーの乗車拒否

2013.04.17

20081012034410753805
「このタクシー乗れないの?」
「せっかく乗ったのに降りろと言われた…」
なぜこんな事が起きるのか、その理由をご紹介します。

 

■誰も乗っていないタクシーなのに止まってくれない!

①コールセンターから予約が入っている
よく見てみると、赤いランプが灯っています。

②これから家族を向かえに行く(私的な利用)
お子様の下校時間によくあります。

③雨降ってる時、服が濡れている
上海はきれい好きの運転手も多いのでしょうか。

④見るからに外国人である
言葉が通じないため、嫌がることがあります。

 

■せっかく乗れたのに、降ろされた…なぜ?

①運転手が行きたい方向ではない
仕事帰り、夕食時に多い理由です。

②行き先と反対側の車線にいる
車線を間違えると、遠回りになるため嫌がります。

③近すぎるまたはあまりにも遠く変なところにある
歩いて行ける距離、もしくは工業区等の遠方は嫌がることがあります。

④行き先が空港ではない
ホテルの下で停車しているタクシーではよくあります。

⑤混んでいるから行きたくない
通勤時と帰宅時、主要道路の渋滞が予想されるためです。

⑥行きたい所に行く道が分からない
新人の場合によくあります(ネームプレートの番号が若い)。

 

< 新しい記事: